sponsord link
categories
オンライン物販
FXど素人の現役エステシャンがわずか27日でプロトレーダーになった!鬼殺し投資法!

投資元本に対して月間10%のリターンを!!ローリスク・ハイリターンな投資手法“FX Carry Hedge Trade” 初心者向けセミナーDVD『為替サヤ取りセミナーDVD』

そんなに簡単な判断で勝てるの?『3万円、手堅く増やして1億円』KA・TE・RU FX プラス

アドバイスツール
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO
サイトマップラス
Powered by SEO対策

smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
profile

links
new entries
sponsored links
recommend
archives
FX比較ブログ税金外国為替証拠金取引攻略外貨投資online証拠金取引外国為替レートexmmf銀行情報ポジション外国為替証拠金取引外国為替証拠金取引fxfx攻略fx比較fx投資為替 FX 証拠金取引 投資 運用 貯金  オンライン取引 トレード FXブログ FXライブ FX情報 為替ブログ 為替情報
recent comment
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


at , スポンサードリンク, -

-, -

米株価に注目!


 16日海外市場に入るにつれ円が売られドル円は110円40銭付近で推移していたものの次第にアジア株がの下落が嫌気されドル円は109円77銭と下値が試す動きが見られ本日の安値を更新した。

 今晩は米鉱工業生産や、米設備稼働率の発表を控える中、明日の南アフリカで行われるG20を控えていることか積極的な取引はなさそうだが、依然サブプライム問題を背景とした欧米企業の損失は増える一方で企業損失など米経済に対するニュースが報道されれば敏感に反応するだろ。

 米紙ウォールストリートジャーナルが米サブプライム問題で大手金融機関の評価損は増えるとの見通しを報じていることからリスク回避の動きが強まり、昨日の海外市場でサブプライム問題に絡む金融機関の損失拡大懸念から米株価が下げ米景気に不透明さが増し下値を探る展開になりやすい。

 今週3日間米株価が下落しているため、今晩も米株価が下落するようであれば、年初来安値109円10銭を試してくるかもしれないので下振れには要注意。

at 22:48, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

米消費者物価指数に注目!


 海外市場に入って欧州通貨中心にドルが売られている。

 英紙タイムズが英大手バークレイズ銀行がサブプライム問題の波及による評価損についてや世界的な信用収縮による影響について緊急会見を行うのではないかとの記事が伝わったことからドルが売られ、ユーロドルが1.47台をつけた。

 しかし、英バークレイズ銀行が純利益が前年を上回ることを発表し、サブプライム問題からの評価損が100億ポンドに達するとの観測も出ていたが、今回サブプライム絡みの損失額は13億ポンドと予測よりも小幅なものに留まったことの安心感からドルが買い戻され、ドル円は111円50銭付近まで上昇している。

 金融企業に関する報道には反応しやすくなっているので引き続き注視しなければならない。

 また今晩は、米消費者物価指数が発表される。今回10月の予想は前月を上回る見通しだが、昨日の小売売上高指数が予想を若干上回る結果となったことから米株価が上昇してドルが買われたように好調な結果だと米株価上昇→ドル買いになりやすいが、予想を下回る結果となれば米経済に弱気の見方が強まればドルが下押しされる展開もありそうだ。

 株価も不安定な動きが続き方向感に欠ける展開が続いている中新たな材料を見出せるかにも注目が集まる。

at 17:37, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

米小売売上高指数に注目!


 海外市場に入るにつれドル円が本日午前中につけた高値111円30銭を更新し、ドル円は111円50銭付近まで上昇している。前日の米株高を受け、アジア株式市場もしっかりとした動きが続いたことからリスク回避の動きが一旦和らいだ格好となり円が売られている。

 今晩は米経済を見極めるために重要な米小売売上高指数や米生産者物価指数が発表される。
 今回10月の予想は前月から伸びが鈍化する見通しで米経済に弱気の見方が強まればドルが下押しされる展開もありそうだ。

 また、今晩はバーナンキFRB議長の講演も予定されており最近のドル安や米経済について何らかコメントするのではないかと期待されている。バーナンキFRB議長のコメントにサブプライム問題についてマイナスな印象や米経済に対して悲観的な発言をすればドルの売られやすい地合いは続きそう。

 昨日、米証券大手のゴールドマン・サックス・グループは大規模な評価損を計上する見通しがないと述べたものの、金融機関の決算をめぐる先行き不透明感は依然強いため、サブプライム関連の損失に絡む新たな材料が出た場合には、再びリスク回避的な動きが活発化する可能性も十分あり得るので下振れの動きには注意したい。

at 18:20, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

日銀福井総裁円高容認か?!


 海外市場に入って円が売られる展開が続いているもののレンジ内の動きに終始している。

 日銀福井総裁の発言では、利上げ意欲と8月以来の世界株安について世界経済の下振れリスクへの言及が期待されていたものの特に目立った発言はなく、日銀福井総裁の会見内容が以前と変わらないスタンスだったことからドル円は110円35銭−15銭とレンジ内での動きが続いていた。

 しかし、日銀福井総裁が「円高が一概にダメージと見るのは一方的」と円高を容認する内容のコメントが伝わるとドル円は109円90銭付近まで下げた。

 日銀福井総裁の円高を容認するコメントで短期的には円が買われやすい地合いになりそう。

 だが、日銀の年内利上げはないとの見方も多く、来年3月まで利上げは見送られるとの見方も浸透しているため、円を積極的に買う進める地合いではないとの見方が次第に強まれば、円が売り戻される可能性もありそう。

 今晩は住宅関連指標が発表される予定で予想を下回る弱い結果となった場合はサブプライム問題から波及した金融企業の不安が続いている中、敏感に反応しそう。

at 18:52, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

世界株安再燃!株価動向に注目!!


 12日海外市場が参加してくにつれ若干円が売られている。

 先週末、米地銀2位のワコビアの住宅ローンに絡む損失が拡大する報道などでサブプライム問題に絡む金融機関の損失をめぐる材料が続出していることから8月末に起きた世界株安相場の再来といった感があり、株式市場など米国の金融市場に資金が向かわなくなっている状況から、ドル安傾向が強まっている。

 また、先週末の大幅下落を受け、株価のボラティリティや1カ月物のドル・円オプションのインプライド・ボラティリティが上昇していることから、リスク回避の動きが強まっている為ドルを買い戻すのは難しい。

 本日は米国市場が休場ということで活発な取引は手控えられレンジ内の動きに終始しそうだが、株価の急激な変動や、サブプライム問題絡みの金融企業に対する報道には注意したい。

at 18:16, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

米経済成長は減速、相対的にユーロに焦点


 昨夜のバーナンキFRB議長の議会証言では、米国経済が第4四半期以降減速するとの見方を示した。これを受けて、年内最後のFOMC(12月11日)での追加利下げの確率が高まってきていると見られる。ブルームバーグ算出の次回のFOMC政策金利予想によれば、据え置きと0.25%利下げ確率が40%強ずつとなっていた。0.5%利下げの可能性も約10%出現した。

 10月中旬よりドル下落・円上昇が顕著となり、約5円の円高・ドル安方向へと動いてきた。8月17日の金融市場のクラッシュでは、瞬間的に1ドル=111円台半ばまでドル下落となったが、この水準を下抜けすると、2006年6月以来のドル安・円高更新となる。

 今夜も、米ミシガン大学消費者信頼感指数などの米経済指標の発表を控えているが、株安・ドル売り・円買いのきっかけとなるかどうか。1ドル=111円台に突入するエネルギーが続くかどうか。その点、見守りたいところだ。ドル安の裏返しで、ユーロの堅調さに焦点が集まり、こちらも続伸となるかどうか見ものだ。8月17日以降ほぼ一本調子で上昇してきたユーロドルだが、ニュースやコメントの中では、高値警戒感という言葉はあまり見られない。



at 22:15, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

ECB金融政策どうなる


 今夜の目玉はECB(欧州中央銀行)の金融政策決定だが、ヨーロッパのインフレ懸念と信用収縮問題との板ばさみで、利上げの可能性は5分5分といったところ。ユーロ圏の経済指標が悪いわけではなく、景気拡大が続いているので、追加利上げが行われるとの見通しもある。

 一方で今夜は欧州の大手証券BNPパリバの決算発表が控えている。本日のアジア株下落を引き継いで、欧州株式市場も前日比マイナスでスタートしている模様なので、リスク回避の警戒感は続くものと見られる。

 昨日欧州時間には、ユーロが1.47ドル台の史上最高値更新となったが、さらにユーロ高値を狙うのか、注目が集まる。ただ、ユーロが好まれて買われていたというよりも、ドル安が顕著だったことの裏返しだと指摘する声もある。昨夜の大きなドル売りの流れが続かなければ、ユーロ上昇も限定されるかもしれない。

at 19:45, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

依然株安・ドル安が意識される


 本日は、米労働生産性や消費者信用残高などの米経済指標に加えて、欧州の金融大手であるソシエテ・ジェネラルの決算発表などのイベントを控える。東京時間では、日経平均株価の下落・米国株先物の時間外での下落となっていることから、欧・米時間でも株安継続が懸念される。

 ドル円は本日東京時間で既に約1円下落となっている。また、ユーロ円も約1円円高方向に動いた。さらに円買いに動くには、よりエネルギーが必要かもしれない。リスク回避傾向の強まりで円キャリーの巻き戻しというシナリオは描きやすいが、行き過ぎ感も漂ってくる可能性はある。

 引き続き、株安・円買い・ドル売り・商品相場上昇が多くのプレーヤーの頭に残ると考えられる。株安に関しては、11月はヘッジファンドの決算期ということも念頭においておくと良いかもしれない。明日8日は日経平均オプション取引の最終取引日であるので、16000円の節目をめぐっての攻防も期待される。株価の急変には注意していきたいところだ。

at 18:32, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

欧州金融機関の決算発表にも注意


 8日海外時間のECB(欧州中央銀行)の金融政策発表が待たれるところだが、今週は欧州の大手銀行・証券の第3四半期決算発表が重なる。今夜はコメルツバンク、明日7日はソシエテ・ジェネラルとING、8日はBNPパリバとマン・グループ、9日はKBCグループがそれぞれ決算発表を行う。

 米国大手金融機関の決算発表を前にした損失のウォーニングと、実際の発表はひと通り終わったが、今度はサブプライム関連投資を行っている欧州の金融機関が注目されることになる。材料視されれば、リスク回避傾向の高まりで株価下落、円キャリーの巻き戻しで円買いという流れも想定される。

 欧州時間のスタートからユーロが堅調となっているが、どこまで上昇するのか見ものだ。本日は米経済指標の発表もなく、手がかり材料が続かないかもしれない。従って、欧・米の株価動向を見た展開が想定される。

at 19:08, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -

米金融機関・株価動向に注目


 先週末NY時間は、米国株式市場はダウ平均株価がプラスとなるなど、全体的には堅調に見えたが、金融株は下落となっていた。米大手証券のメリルリンチが、サブプライム関連の損失を追加で100億ドル計上する可能性があると、ドイツ銀行のレポートで示された。これによって、メリルの株価は大幅下落となっていた。

 また、米大手銀行シティグループは4日、緊急会議の後にプリンスCEOの辞任を発表、本日22:00には同社による発表が予定されている。後任には、ルービン元財務長官の名前も挙がっているということから、シティ動向には注目が集まる。

 本日はアジア株が軒並み下落している。欧州株も先週末比マイナス圏で取引開始となった。株安の連鎖で、投資家のリスク回避傾向が強まりを見せれば、円買い・ドル売りが続く可能性がある。東京時間17:00現在、ドル円は欧州株安スタートを受けて円買い・ドル売りが見られ、1ドル=114.30円をつけている。ユーロ円も165.30円付近まで円買い・ユーロ売りとなっている。

at 21:35, メルルーサ, FX・為替ニュース

comments(0), -


FX比較ブログ税金外国為替証拠金取引攻略外貨投資online証拠金取引外国為替レートexmmf銀行情報ポジション外国為替証拠金取引外国為替証拠金取引fxfx攻略fx比較fx投資